なかなか改善しない腰痛や冷え性は内科で診てもらおう|健康になり隊

Internal medicine

脂漏性角化症とは

病院で診察を受ける

年齢を重ねると免疫力が低下して様々な病気を引き起こしやすい他、見た目も老けてしまいます。シミやしわ、たるみなども多くなってくるので見た目を気にする人もいるといえます。見た目は、エイジングケアや美容エステなどを利用することで見た目を若々しく保つことも出来ますが、脂漏性角化症になると普段のケアでは難しくなってしまいます。脂漏性角化症は別名年寄りイボと呼ばれており、高齢者になると多くの人が発症するものです。脂漏性角化症は治療をする必要がないものですが見た目を気にする人はレーザー治療や液体窒素を用いて凍結させて除去するなど様々な方法で治療を行うことが出来ます。しかし、良性腫瘍のため見た目を気にしない人は特に治療を受ける必要もないといえます。

脂漏性角化症は見た目の問題だけになりますが、中には悪性腫瘍の可能性も無いとはいえません。悪性腫瘍の場合、皮膚がんを患っている可能性もあるので早めに病院で受診する必要があるといえるでしょう。脂漏性角化症は悪性腫瘍との見た目が分かりにくく、医師に検査をしてもらうことが必要になるので自己判断ではなく病院を利用することが大切といえます。検査方法は、メラニン色素を調べる他にも毛細血管などを調べることで脂漏性角化症と悪性腫瘍を見分けることが出来ます。検査は、痛みを伴わず簡単に行うことが出来るため安心して病院を利用することが出来るでしょう。また、脂漏性角化症の治療をする場合は美容目的では保険適応外となりますが場合によっては保険適応されるので確認した上で治療に望むと良いでしょう。

▲ PAGE TOP