なかなか改善しない腰痛や冷え性は内科で診てもらおう|健康になり隊

Internal medicine

症状を改善する為に

自分に適した治療法を選択しましょう

20代から30代の女性に多く発症するバセドウ病は、妊娠や出産といったステージと重なることも多いです。そのため、自分に合った治療法を選択する工夫が必要になると言えるでしょう。現在、バセドウ病は主に抗甲状腺ホルモン剤での治療が行なわれています。この抗甲状腺ホルモン剤での治療の場合には、定期的な検査や通院で行なうことが出来ますが、治療期間は数年に及ぶことも珍しくありません。とにかく早く治したいといった方の場合には、甲状腺の手術という方法もあります。又、現在では放射性カプセルを用いた治療も行なわれており、副作用などで通常の抗甲状腺ホルモン剤が服用出来ない場合にもきちんと治療が進められるのです。状況に応じた方法を選択することで、負担の少ない治療が可能となります。

放射性カプセルを用いた治療法が一つの選択肢となってきています

バセドウ病の治療では、抗甲状腺ホルモン剤による様々な副作用が現れる場合もあります。このような場合に、現在では手術ではなくより体への侵襲性の少ない治療法が選択される傾向にあるのです。その一つとして挙げられるのが、放射性カプセルを用いた治療法です。この治療は痛みもなく特定の医療機関で手軽に行なえることから、現在バセドウ病治療の選択肢の一つとして一般的になってきています。短期間で出来るにも拘わらず高い治療効果が得られるため、アメリカなどでは特に人気のある治療法です。最近は日本でも、体へのダメージを出来るだけ抑えるといった方法が好まれる傾向があるため、放射性カプセルでの治療も比較的抵抗なく受け入れられるようになっています。

▲ PAGE TOP